ドラム式洗濯機の設置時の注意点

壁ピタ水栓の画像家電

いつも閲覧ありがとうございます!

家電がおうち時間増加で前年比140%の伸びで売れているようです。
我が家もいよいよドラム式洗濯機を購入することに。


『新職業タオルソムリエまで登場!洗濯機戦国時代』


ところが、我が家はリノベ物件のため洗濯機の水栓位置が低く、ドラム式洗濯機が設置できないことが判明。スペースは問題ないのですが、高さがNG。

*築20年以上の物件は要注意です。

Panasonicから「壁ピタ水栓」なる便利グッズが発売されています。それが結構売れているそうです!

楽天

壁ピタ水栓 CB-L6 ナショナル National 水栓 パナソニック(Panasonic) 【送料無料】楽天市場5,439円

Amazon

CB-L6【在庫即納】パナソニック(Panasonic) ドラム型洗濯機などの水栓位置の立上げ用 壁ピタ水栓 CB-L6(もし水圧でホースが外れた際でも、自動止水ストッパーが作動する機能付き)シールテープ(防水テープ)同梱。125mm立ち上げ 在庫即納、Amazonプライム対象【CB-L6】Amazon(アマゾン)5,880円

水道の工事なので交換はプロに任せることに。

*クラシアンで1万円くらいでした。作業時間は約15分。安くて安全!

作業内容は下記の通りです。参考にしてください。
まず元栓を閉めて

台所で水栓が閉まっていることを確認。*作業中は台所水栓を上げっぱなしにしておく点がポイントです。

現状の水栓位置。今の縦型洗濯機でもギリギリの位置に水栓があります。
これではドラム式洗濯機では高さで干渉してしまいます。

ホース外して交換作業開始!

水栓金具は手でも回せるらしいのですが、建物の老朽化が進んでいる場合、金具が途中で折れて大変なことになる場合もあるらしいです。
結構緊張する作業とのこと。慎重に回しています。

途中から工具を使って「軸をずらさないように」回していました。

無事外れました。一安心。

専用のシール剤を新しい水栓金具に塗り、さらにシールテープを7周ぐらい巻いてました。

*ガス工事と同じレベルで漏れを防ぎます。クラシアン凄い。
シールテープ巻いた後。

取り付け開始。

完璧です。とにかく仕事が丁寧ですね。

続いて延長部分の金具を取り付け。

こんな感じで金具で元栓の高さをかせいでいます。壁に沿って真横にホースが出てくるイメージ。

金具を延長した分だけ不安定になるので、延長部分を壁に固定します。

うちは壁が石膏ボードなので、アンカーを打って補強します。

しっかり固定されました!

洗濯機のホース取り付け。
長年の癖がついてるので意外に取り回し大変そうでした。

新しい洗濯機に交換した時はスッキリすると思います。とりあえず現状の洗濯機に装着。

再度元栓を開けます。

蛇口をひねると水が洗濯機に供給され始めました。

こちらの旧金具は不要になったので引き取ってもらいました。

それではビックカメラにドラム式洗濯機買いに行ってきます〜
東芝のザブーン狙いです。

泡洗浄
しかも、温水60℃除菌は国内で東芝が初だそうです

バブル洗浄高温洗浄除菌ヒートポンプ乾燥(効率良くスピード乾燥)
この3点に特にこだわって、どうしてもドラム式洗濯機「ZABOONザブーン」(東芝)購入を決めました

これまで実際にトライした家電の全記事はこちらです。

今回の記事いかがでしたでしょうか?

コメント

  1. […] ドラム式洗濯機の設置時の注意点 […]

タイトルとURLをコピーしました