A15 Bionic世界最速のスマートフォンチップ内蔵「iPhone 13 Pro」

iPhone13Pro本体家電

いつも閲覧ありがとうございます!

年末に向けてブログ用写真や動画撮影用に設備投資をすることに。

今回、A15 Bionic世界最速のスマートフォンチップ内蔵のiPhone 13 Proを選んでみました。

カラーはもちろんシエラブルー。

一番重視したのはカメラ性能ですが、その分通常のiPhone13より30gも重くなってしまいます。。

価格もノーマル13より25,000円くらい高くなりました。

重量と価格はProのデメリットですね。

本体はアルミでなくステンレススチール。

背面の高級感がありますね。

カメラ性能は通常の13と大きく異なり、13は広角&超広角カメラの2眼レンズが搭載されているのに対して、

iPhone 13 Proには+望遠レンズを含めた3眼レンズが搭載!

LiDARスキャナによるナイトモードポートレートやポートレートモードも進化しており、更に美しい写真撮影が可能になったようです。

5コアGPUで他のスマートフォンのチップよりも最大50%も速いグラフィック性能。

新しいCPU性能と高効率コアで、複雑なタスクをこなしながら且つバッテリーを長持ちさせるという凄い機種です。

フォトグラフスタイルは自分好みのトーンと暖かみの設定を”写真撮影時”に適用する機能です。

自分のスタイルを設定しておけば、いつでも自分好みの一枚を撮影できます。

*フィルタではありません。

空や肌などのトーンはそのままキープ。

Apple設定の「鮮やか」「リッチなコントラスト」「暖かい」「冷たい」という設定から選ぶだけでなく、自分で一段と細かい調整を加えるのも自由自在です。

新超広角カメラは、強力なオートフォーカスシステムを搭載。

わずか2センチの接写距離でもピントを合わせられるので、最小レベルの小さな世界も壮大に写し出します。

ここまで綺麗に撮影できます。

ブログ用写真撮影の記念すべき初投入は、近所のお好み焼き屋さん!

iPhone13 Proは暗い場所でも撮影できるように作られており、広角カメラはより明るい絞り値とApple史上最大のセンサーを搭載。

*望遠カメラでもナイトモードが使えることに驚きます。

左からiPhone 11 Pro/12 Pro/13 Proの箱です。パッケージも大幅に進化してますね。

自分はいつも↓ここで本体購入しています。

年末のブログで活躍してもらいましょう!

楽天セールの時に購入するとポイントが結構戻ってきます。

年末ラストスパート!

これまで実際にトライした 

「ふるさと納税」の記事はこちらです!

イベントバナー

今回の記事いかがでしたでしょうか?

イベントバナー
タイトルとURLをコピーしました