【2021元旦】ふぐ料理で福を呼ぶ

料理

いつも閲覧ありがとうございます!

調理家電がおうち時間増加で前年比140%の伸びで売れているようです。

今日はふるさと納税ネタでなく、ふるさとネタ。 毎年実家の下関からふぐが届きます。 今年はコロナで外食もできず、特に嬉しいです。

発泡スチロールの箱が届く

地元ではふぐのことを「ふく」と呼び、縁起が良い食べ物とされています。

しかし量が多い。。。 今年は友人も呼べないので、数日に分けて食べようと思います。

ふぐ皮はポン酢で。

アラはてっちりと味噌汁ですね。

白子も多い。シンプルに素焼きですね。 実家では味噌汁に入れてました。今考えると贅沢。

てっちりの準備開始。 昆布で出汁をとって豆腐とアラから投入。 野菜多めでもOK。

ふぐ刺しのお皿は返却不要。(毎年溜まる。。)

天然物は歯応えが違います。

紅葉おろしはマスト。

芽ネギはたっぷりと。

ポン酢は橙(ダイダイ)じゃないとダメ。

本当は絞りたいくらいです。

白子は当日にシンプルに素焼きで食べる。

今年も立派でした。

中がトロッとしており、痛風まっしぐらの味わい。

ふぐの白子は臭みがありません。

泉橋酒造のとんぼスパークリングと一緒に。

3人では勿体ない感じがしますが、、    

翌朝は雑炊に。

f:id:omuameba:20210102134613j:image

これまで実際にトライしたふるさと納税の記事はこちらです。

是非ご覧ください!



コメント

タイトルとURLをコピーしました