廃校を活用した芦峅寺の体験型研修施設「KOTELO(コテロ)」に行ってみた

KOTELOの館内自己啓発

いつもお立ち寄りいただきありがとうございます!

本日は富山へ。

以前パンフレットでご紹介した廃校を活用したシェアオフィス「KOTELO」を訪問してみました。

廃校になった芦峅小学校を活用しています。

黒板がウエルカムボードになっています。

今回お世話になった株式会社フクールの福崎社長。

写真では雪かきやってますが本業はIT会社の社長です。

IT企業としてお客様の生産性向上・売上拡大・業務効率の改善を提案してきたが、それ以上にコミュニケーションやチームワークが大切なのでは?と考えるようになったとのことでした。

KOTELOは福崎さんの自己表現の場でもあります。

芦峅寺という場は立山信仰の中心的な役割を担っていた地であり、江戸時代には年間6000人が「新しい自分に生まれ変わりたい」と願ってこの地に来ていたようです。

ちなみにKOTELO=フィンランド語でサナギの意味です。

生まれ変わる場としては最高の立地ですね。

小学生を経験していない人はほぼいないと思います。

つまり誰しもがこの空間を懐かしいと感じ、忘れていたものを思い出させてくれる場だと感じます。

KOTELOの使い方は

①落ち着いて仕事

②集中できる

③非日常的な環境でのミーティング

④研修

⑤整う

⑥山活(登山・スキー)

などなど

共有のワークスペースで懐かしい道具とクリスマスツリーがお出迎え。

DJブースまで完備されています。

KOTELOの館内はこんな感じです。

「グラウンド」校庭を丸ごと活用できます。

なんと焚火まで可能。

「コワーキングスペース」リモートワークに最適

「音楽室」企業のプレゼンテーションや研修で大活躍

「図書室」ロッキンチェアーでゆったり読書

「理科室」懐かしの実験台で仕事ができます

「校長室」モダンに生まれ変わっています。

自分を見つめ直すスペースもあります(PC持ち込み禁止)

ワーキングスペースには暖炉があり寒さは全く感じません。

この炎を見るだけでリラックスできます。

二日間ほどお世話になりましたが、大自然の中で働くことの素晴らしさ、柔軟な働き方について色々考えさせられました。

KOTELOはライフとワークの両方が豊かになりそうな空間です。

見学だけやドロップインでの利用も歓迎のようです。

NHKなど取材も増えてきており、徐々に注目され始めました。

〒930-1406 富山県中新川郡立山町芦峅寺8
利用時間 10:00~18:00
土日祝休業 *駐車場約30台完備

076-482-1123

KOTELO(コテロ)
もともと小学校だったKOTELOは、周辺の自然や歴史、脈々と繋がる文化や、集う人たちとの交流を通して、働き方に変化を与えたり、働く人の人間的知性を高めたり、仕事や働くことに対する考え方をもう一度確認することが出来るようになる「みんなの山のオフィス」です。

こちらの施設には宿泊設備がありませんので、お近くの宿をお探しの場合は↓がおすすめです。

富山立山町「LOCOMOTION COFFEE & BED」(ロコモーション コーヒーアンドベッド)

タイトルとURLをコピーしました